主人公の相棒キャラとか絶対に主人公には成り得ない2番手的キャラを好きになりがち、どんなにチートでもイケメンでも「その世界線において一番になれない」という歪さに惹かれちゃうあれ